知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

Aカップが辛いという悩みとどう向き合うべきか?

      2016/01/27

acup

「肩こらなそうだね」
「ブラジャーいらないんじゃないの?」
「動きやすそうだね」

こういった何気ない一言で傷ついているAカップは多いもの。

あなたもその一人ではないでしょうか?コンプレックスに悩まされていることと思います。

そこで今回はAカップの人たちにどういう風にコンプレックスと向き合っているのかを聞いてきました。もちろん、特効薬みたいなものはありませんでしたが、コンプレックスと上手に付き合うヒントにはなるかもしれません。

コンプレックスと上手に付き合うことができれば、かなり生きやすくなります。彼女たちの付き合い方を知って、何らかのきっかけをつかんでいただければ幸いです。

みんなコンプレックスを持っています

20年以上、生きていてもまだまだ自分を受け入れるのは難しいもの。今回話を聞いた人たちも、完全にはコンプレックスを受け入れてはいないようでした。

胸が小さいから薄着になる季節になるとどうしても町を歩く他の人の胸が気になって胸の大きさをチェックしてしまいます。

よせてあげるブラジャーもありますが、根本的によせたりあげたりするものも少ないので貧相な胸にしかなりません。

私の味方はジェルパットなど自然な雰囲気でボリュームアップが望めるブラジャーだけです。

洋服を着ていれば、偽物の胸でも大きくなったように感じ自信をもって外も歩けますが、家に帰ってブラジャーをはずしたときの残念な感じはこれからもずっと続くのだと思うと憂うつです。

昔はBからCくらいあったんですが、スポーツを初めて痩せてからはAカップになってしまいました。自分の身体を横から見たとき、お腹よりも胸がひっこんでいるのが悲しくて…。

水着を着てもすごく貧相な印象になりがちで悲しいです。

胸がなくても、スタイルがいい!って感じならまだいいんですが、私はそこまでスタイルが良くないのでなんだかバランスが悪いんです。

胸が小さくて悩んだ事は可愛いなと思った服が着てみたら似合わなかった事。

店頭に売られていて可愛いと思った服にいざ袖を通して見ると、まるで自分がただのハンガーになったかのようで悲しくなります。

まだマネキンの方がマシな気がします。異性にも女として見てもらえないというか胸を見られて溜息。

彼女たちはどのように胸が小さいという悩みと向き合っているのか?

話を聞いた人たちは色々なことを言っていましたが、ある程度は傾向が見えたのでまとめてみます。

コンプレックスの中ではましな方だと思うこと

世の中には多種多様なコンプレックスがあります。Aカップなんてものはその中でもましな方です。

例えばワキガなんか本人だけの問題ではすみません。電車に乗ることさえ気を使うし、職場での居心地にも大きく関わります。

学生時代にいじめられてトラウマのある人だっているし、引きこもるケースさえあります。

それに比べるとAカップはまだましではないでしょうか。

胸が小さいことでいじめられること少ないし、それが原因で引きこもることもほとんどないでしょう。

ワキガ以上に大変なコンプレックスだって山のようにあります。それでもがんばって生きている人がいると思えば、あなたもがんばれるのではないでしょうか。

気にしないこと

本人が気にしているほど、周りはあなたの胸を気にしていません。あなたがコンプレックスに感じているからこそ、周囲の反応を過敏に受け取ってしまうのです。

胸のことを言ってくる人たちだって、あなたの反応を楽しんでいるだけ。そこまであなたの胸に興味はありません。

からかっても気にしていない素振りを見せれば、面白くないから以後はからかわないものです。

あなたの胸が小さいことで周りの人が受けるダメージなんてないんですから、堂々としていましょう。

個性だと考える

可もなく不可もなくみたいな人は面白くありません。コンプレックスというのは受け入れることができれば、あなたの個性に変わります。

言葉の訛りがコンプレックスだという人もいれば、営業で覚えてもらいやすいから得だという人もいます。

結局のところ、コンプレックスと捉えるか個性と捉えるかはあなた次第です。

ある男性が胸が大きい人よりスレンダーな人のほうがいいと言っていて、人によってタイプは違うのだなと思いなおしてからそれほど気にならなくなりました。

全体的に痩せ型のため、体中から肉を持ってくるというブラジャーはあまりあいませんが、自分の胸のサイズに合わせながら、太いパットを使わずに胸を大きく見せるブラジャーが多いので、友達の結婚式などの特別な時にだけそのブラジャーに頼っています。

その時以外は、胸が小さいからこそ似合うかっこよく見えるスタイリングを楽しんでいます。

逆に先に言ってしまうようにして自虐キャラになりました。

「胸はコンプレックスだから大きい胸の人は全員恋のライバルなんです」と言うようにしてみると自分に正直になれるのでとてもラクになりました。

 - 生活