知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

毎日コンビニ弁当を食べるのはどれぐらい健康に悪いのか?

      2017/05/22

convini-bento

仕事が忙しくてついついコンビニ弁当に頼ってしまうというあなた。

忙しい時期に自炊するというのも大変ですから、たまにコンビニ弁当に頼るのというのも仕方のないところでしょう。

しかし、ずっとその食生活を続けていると健康を失ってしまいます。

今回は毎日のようにコンビニ弁当を食べていた人たちに体験談を聞いてきました。食べ続けていたらどうなるのか、しっかりと認識してください。

肥満、倦怠感、血圧上昇を起こしました。

現在の会社にシステムエンジニアとして入社してから忙しい日々が続いていました。終電ギリギリか、運が悪いと帰れない日もあるほどひどい状況でした。

ひとり暮らしでしたので、食事はもっぱらコンビニ弁当。たまにカップラーメンか外食を挟む程度でひどい食生活を送っていました。また、食べるタイミングや回数もバラバラ。こんな生活を2年間位続けました。

すると、気づいた時には常に体がダルい感じが続くようになりました。朝起きるのも辛いし、夕方になると仕事が辛くなってきます。仕事に支障をきたしてしまったことで、職場にも迷惑をかけました。

また、体重は2年で5キロ増えました。自覚症状はなかったのですが、血圧が上150を越えてしまいました。その日の体調も影響したかもしれませんが。

現在では会社でも調整しながら安定した生活を送っています。

結婚して頼れる妻がいることも生活習慣の改善に繋がっていると思います。さらに、3か月前から始めたジム通いで8キロの減量に成功。健康で生活していると仕事へのモチベーションも違います。体調でここまで違うとは驚きです。

コンビニ弁当だけが原因とは言い切れませんが、偏り過ぎると確実に体を壊します。コンビニ弁当を食べる頻度を気にしたり、サラダを一緒に食べたりと、自炊はできないまでも毎日のちょっとした気遣いが重要だと思います。

営業回りの途中で意識を失いました

当時私は社会人になったばかりで、生活のペースを掴みきれないでいました。

更に大学まで実家暮らしで初めての一人暮らし。自炊をするなんて考えにはなりませんでした。だから毎晩のようにコンビニで弁当を食べてそのまま寝てしまう生活でした。

すると1ヶ月位して体が明らかに重くなっていました。怠さと単に体重が増えた感覚の両方でした。けど家には体重計がなく調べようがありませんでした。

そこから2ヶ月位たちそんな生活を続けていたら段々弁当を見たくなくなって来ました。そして食べ物を口に入れたくなくなって来てゼリー類とか飲み物しか受け付けなくなりました。

そしてお盆休み直前の時期夏の暑さの中営業回りをしていた私はビジネス街で気持ち悪くなり目の前が真っ暗になる所で記憶がなくなりました。次の瞬間には病院のベッドの上でした。

医者に生活環境を説明したら、呆れて体壊すわと言われました。コンビニ弁当を毎日食べてイヤになり身体を壊した私です。コンビニ弁当を食べ過ぎたら身体を壊す事に繋がる事がありますから時々にしましょう

倦怠感とニキビ、下痢。最後は風邪で寝込みました。

住宅設備や建材に関わる専門商社で営業として働いており、朝は早く、夜は遅いという生活が続いていました。

忙しくて、食べ物を食べる事も作業になってしまい、朝食は食べる余裕がなく、日中は営業車内、夜は帰り道のついでに購入したコンビニ弁当を食べる日々が数ヶ月続きました。

そんな生活を続けていると、倦怠感が抜けないようになり、顔のあちこちにもニキビができて、下痢が続くようになり、終いには風邪で寝込むように。

無気力になりました

少し前になりますが、コンビニの弁当を食べ続けたことがありました。

その頃、私は失業中で、コンビニで働いている友人が売れ残った弁当を持って帰って来て私にくれていたのです。彼は週に5,6日、コンビニで働いており、私はほぼ毎日、彼がくれた弁当を一食か二食、食べていました。

最初はありがたく感謝して食べていましたが、一週間もすると味付けに飽きてきました。そして次に、体全体がなんとなく臭くなってきました。

これは後でわかったのですが、コンビニの弁当のおかずに多い揚げ物を揚げる時の、ショートニングという調理用油の臭いということでした。

それから、顔色が青白くなってきたと周りの人たちから指摘され、また、いつも脱力感を感じ、やる気が起こらず、力の出ない日々が続きました。

それで、せっかくで申し訳なかったのですが、友人には丁重に弁当の差し入れを断りました。そして、自炊するように心がけました。

毎日、野菜炒めばかりでしたが、野菜を食べるようにしました。その結果、臭いはすぐになくなり、顔色や体調は少しづつ回復していきました。

現在は、コンビニ弁当は控えており、健康面で問題はありません。コンビニ弁当は体のことを考えると決して良いとは言えないと思いました。

もし、毎日食べているようであれば、回数を減らしていき、なるべく野菜をたくさん摂るようにお勧めします。長い目で見るとコンビニ弁当では健康を損なうことになりますよ。

女子にあるまじき姿になりました

私は大学のころ、コンビニエンスストアのアルバイトをしていました。

そのアルバイト先では今はダメかもしれないんですけど、廃棄になったお弁当やパンなどを自由に持って帰って食べていいという形だったので、当時コンビニの商品大好きだった私はデザートやおにぎり、お弁当を大量に持って帰って朝ごはんや昼ご飯にしていました。

別に若かったですし、最初はなんともなかったんですけど、やはり栄養が偏ってしまうのか、肌にぶつぶつができたり体重が5キロも太ってしまったりと女子にはあるまじき状態になってしまいました。それからはダイエットもありましたし、コンビニ弁当を食べる量を減らしました。

今は完全に食べてないので、体調もあんまり悪くないです。でもあのまま続けていたらやばかったと思います。

だからこそ、今コンビニ弁当を食べているという人はとにかく量を減らしていくことが必要だと思います。栄養は確実偏りますし、あんまり健康にもいいとは思えません。できることから始める必要があると思います。

病院で栄養失調と診断されました

中学、高校時代の話。母が入院しており、ご飯のほとんどがコンビニ弁当だったことがあります。

始めは兄弟みんななかなか食べられないコンビニ弁当にワクワクしていました。明日は何を食べようかな、と食べたいものがたくさんありました。

母の手料理はすごく上手というほどの腕前でもなく、どちらかと言えば味が薄くぼんやりした料理でした。その反動もあり、コンビニ弁当は育ち盛りの子どもの舌には本当に美味しいものでした。

特に体に変化があったわけでもなく、心配なんて全くしていませんでした。
コンビニ弁当は野菜も酢の物など海藻も入っており、とても栄養のバランスが良く見えました。女の子なので、野菜多めの品を選んでいました。

二、三ヶ月ほどたった頃ある日、弟が体調不良で保健室に行きました。

先生から家でご飯を食べてないのではないか、と聞かれびっくりしました。家族で弟が1番しっかり食べていたからです。先生からは栄養失調だと思うと告げられ、病院に行きました。やはり栄養失調と言われました。

お弁当はハンバーグも焼肉も温野菜もしっかり入っていました。それでも栄養失調になるのかと、とても驚きました。中学生の男の子という育ち盛り、食べ盛りの時期だったからかもしれません。

すぐに高校生の私は手料理を覚えることとなりました。粗食と思っていた、普段の食事はとても栄養があるのだと身をもって体験しました。弟もすぐに良くなりました。

それでもやはり、たまにコンビニ弁当が食べたくなります。

健康被害まとめ

倦怠感・ニキビ・肥満・目覚めの悪さ・栄養失調・体臭・顔色の悪化・下痢・風邪

毎日コンビニ弁当を食べることで発生する不調はこんなにもバリエーションがあります。

栄養失調になると内分泌系・免疫系・自律神経系の全てに悪影響が出るわけですから、むしろ発生しない不調を探すことの方が難しいかもしれませんね。

なぜコンビニ弁当では栄養が取れないのか?

コンビニ弁当でも、肉と炭水化物を摂取する分には支障ありません。問題なのが野菜です。

コンビニ弁当には、値段を下げるため、外国産野菜が使われています。

そういった野菜はミネラルがあまり含まれていません。

外国産野菜は農薬をたっぷり使われていることが多く、土壌内でミネラルを生成する微生物が死んでしまっているからです。

また、外国産野菜は船で長い時間をかけて運ばれます。そのため、腐らせないためには食品添加物や冷凍保存に頼らざるを得ません。

しかし、困ったことに、加工すると繊細な栄養素であるビタミンやミネラルは壊れてしまいます。

それに、海外から輸入してきた粗末な食材をおいしく食べるためには、油や砂糖をたっぷり使わなければなりません。油と砂糖を代謝する際には、ビタミン・ミネラルが大量に消費されます。

これらがコンビニ弁当から栄養が摂取できない理由です。

体験談にもありましたが、大人はもちろん、大学生や中学生といった若い人さえ耐えられないのです。社会人が毎日コンビニ弁当という狂った食生活を続ければ、いずれは取り返しのつかない病気になってしまうでしょう。

あなたも今はまだ平気かもしれませんが、ボディブローのようにダメージが蓄積し、40代ぐらいで糖尿病や脳梗塞などを発症するかもしれません。

早い段階で食生活を見直した方がいいでしょう。長年の蓄積で発症した病気というものは治りにくいものですから。

ビタミン・ミネラルを簡単に補う方法

コンビニ弁当ではビタミン・ミネラルが取れません。

かといって外食で野菜不足を解消するのも難しい。

野菜メニューが充実している店って少ないですよね。せいぜいサラダがある程度ではないでしょうか?

サラダで取れる野菜なんてたかが知れているし、かかっているドレッシングには油と砂糖が含まれています。200~300円するのも、毎日だと痛いですよね。

そもそも、外食に使われる野菜は、コンビニ弁当と同じく、外国産が多いもの。健康のために野菜を食べるのに、農薬たっぷりでは本末転倒ですよね。

結論としては自炊するのが一番です。ですが、これも難しいのではないでしょうか?

仕事から疲れて帰ってきて、野菜刻んだり煮込んだりするのはしんどいもの。途中で挫折したとしても無理はないでしょう。

もっと手軽に野菜を食べる方法があればいいですよね。

そこでおすすめなのがサプリや青汁で野菜不足を補う方法です。なんせ飲むだけで野菜を摂取することが出来るんですから楽ですよね。

もしかしたらあなたは「青汁ってまずそう」と思っているかもしれません。確かに昔の青汁は青臭くてえぐいものが多かったのですが、最近は飲みやすさに気を使っているものがたくさん販売されています。

今回はビタミン・ミネラルたっぷりで飲みやすいと評判のサプリや青汁を選んでみました。

  • フルーツたっぷりで飲みやすい
  • 1袋16.8kcal
  • 複数の味が用意されているので飽きにくい
  • 食物繊維が胃の中で膨らむため、食べすぎを防止できる

最近は青汁も飲みやすいものが出ていますが、それでもダメな人はダメです。いくら体に良くても続けられなくては意味がありません。

しかし、スムージーなら果物が多めなので、飲みやすく続けやすい味に仕上がっています。楽天ランキング一位なのも納得です。

食べ過ぎ防止にもなるので、ちょっとダイエットしたい方にもおすすめ。

  • 主原料はクマイザサ・植物発酵エキス・乳酸菌・寒天
  • 和菓子みたいでおいしい
  • 水がなくても飲める
  • 腸内環境が気になる場合にもおすすめ

青汁は粉末を水に溶かすタイプが多いのですが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレは商品名の通り寒天で固めてあります。水がなくてもそのまま摂取できるため、洗い物が出ないし外出先でも飲みやすい。

昼がコンビニ弁当や外食でも、このジュレならば気軽に野菜不足を補うことが出来るでしょう。

乳酸菌が含まれているため、肉食が多くて悪玉菌が繁殖している人にもうってつけ。

  • 主原料はクマザサ・明日葉・モリンガ・フルーツ野菜エキス・乳酸菌・酵素
  • フルーツや抹茶などを使うなど飲みやすさに気をつけている
  • ダイエットに特化
  • 腸内環境が気になる方にもおすすめ
  • 初回680円

モニターの97.2%がダイエットに成功した青汁。

成分的には普通の青汁と大差ないので、健康目的でも使えます。フルーツ味が気に入ればこれでも良いでしょう。

ただ、香料や人工甘味料が入っています。用量を守っていれば健康に影響がないレベルだとは思いますが、絶対に添加物を避けたい人はやめておきましょう。

 - 健康