知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

なたまめ茶は鼻炎に効果的なのか?体験談を聞いてみた

      2017/07/05

6d632bfc7af61d7ea4dc24f7736b7e84_s

「鼻水をかむのが面倒」
「酸素が頭にいかなくて集中できない」
「鼻をかみすぎて痛くなってきた」

そんな悲鳴のような声が鼻炎でお悩みの人から聞こえてきます。あなたも辛い症状を解消する手段を探している最中ではないでしょうか?

そんなあなたの強い味方になってくれるのがなたまめ茶です。

こう書くと「本当に効果あるの?」と思いますよね。私もそうです。「なたまめ茶が鼻炎に効果的」みたいなことを書いてある記事を読むたび、うさんくさく感じていました。

「お茶を飲んだぐらいでそこまで良くはならないだろう。改善するにしても、気のせいレベルに違いない」と思っていたぐらいです。

しかし、今回、鼻炎を和らげようとなたまめ茶を飲んだ人たちに話を聞いたら、考えが変わりましたね。意外と良さそうです。

体験談

今年は耳鼻科に行かずに、なたまめ茶でのり切ろうと思っています

昨年、慢性的な鼻炎が、花粉症をきっかけに悪化してしまいました。

人と長時間話したり、歯医者で治療を受けたりするのも困難で、すごく苦痛で、顔などにも痛みが出ました。

耳鼻科でレントゲンなど撮りましたが、副鼻腔炎としては軽いということで、花粉症用の薬と、少量の抗生剤などを使いましたが、あまり改善しません。

毎日苦痛でたまらないので、市販の蓄膿症の薬や、ドクダミの葉を鼻に詰めるなども試しました。

色々やった中で、なたまめ茶が一番効果があり、今でも数日置きには飲み続けています。なたまめ茶は、膿の排出にいいとのことで、心なしか口臭なども改善される気がします。

なたまめ茶を飲むと、とにかく後鼻漏などが増え、ひたすら痰のようなものが出て、副鼻腔などの詰まりが改善します。頭痛などは改善しますし、鼻も通ります。

ただ、すごく沢山後鼻漏が出るので、ちょっと外出時には不便ですが、明らかに症状が楽になりますので、絶対に切らさないようにしています。

耳鼻科の先生に言っても、知らないようで相手にしてもらえませんでした。今年は耳鼻科に行かずに、なたまめ茶でのり切ろうと思っています。

少しずつ改善に向かっている実感がある

慢性副鼻腔炎があり、常に鼻炎症状に悩まされていました。

特に風邪を引いたあとは引き続いて急性の症状も出るので、風邪がまでに2週間以上かかることもしょっちゅうでした。

ネットで「副鼻腔炎 サプリ」で検索すると、サプリメントよりもなたまめ茶がよくヒットしました。クチコミの評判も良く、排膿作用があるということで、副鼻腔炎にびったりだと思い購入しました。

煮出して飲むお茶パックのようなタイプだったので、毎日お茶の代わりにすることにしました。味はほうじ茶のようで美味しく飲めました。

まず飲み始めてすぐに驚くほどトイレが近くなりました。利尿作用があるということで、早速効果が出てきたと思いました。

その後2ヶ月程度飲み、急激な変化はなく特に普段の症状は変わらずでしたが、風邪の後に必ず長引く鼻炎の症状が割と早く治りました。

それからもしぱらくは特に変わらずでしたが1年間飲み続けるうちに、鼻をかむ回数が少なくなっていることに気付きました。

そして、風邪を引いていないことがなにより鼻炎が悪化しない理由のようです。なたまめ茶には免疫力を高める効果もあるので風邪予防にも役立っているようです。

今飲み始めて1年ちょっとで、劇的な効果とは言えませんが、少しずつ改善に向かっている実感があるのでしばらく続けていこうと思っています。

なたまめ茶にはなたまめ100%のものや、他にハトムなどの成分が混ざっているものもあります。

なたまめ茶の効果を確認するためにも100%のものが良いと思います。

人前で鼻水を拭くということが減った

いつも透明の鼻水がちょろちょろとでていて、タオルもしくはテッシュを持ち歩かなければいけない状態でした。

それから副鼻腔炎も併発したので耳鼻科で治療を行いました。薬を飲むと確かに症状は緩和します。しかし、いつまでも薬を飲み続けることに抵抗を感じました。医療費も待ち時間もかかるので大変です。もっと簡単な特効薬があればと考えました。

そこで、ネット等で調べたら、なたまめ茶が鼻水に効果的だという口コミを多く見ました。試しに飲んでみたのが始まりです。

お茶なので即効性はないので、半信半疑でしたが長期続けることにしました。とにかく自分が飲む飲み物はなたまめ茶のみにして、2か月くらいすると起床時の鼻づまりが緩和されているのが実感しました。日中の鼻水も量が減り、なんといっても粘り気の少ないものに変わったのが驚きでした。

スッキリ全快というわけではないですが、あきらかに前の鼻の違和感は少なくなったし、人前で鼻水を拭くということが減ったのでうれしかったです。

初めての方には、ちょっと癖のある味なので飲みにくいかもしれません。でも、毎日続けるとだんだん気にならなくなってくるので、ぜひ継続するようにして欲しいです。

鼻の調子もいいし、美味しいのでずっと飲み続けています

効果があったような気がします。というのも、母から勧められて、毎日飲んでいて、気がついたら、そういえば鼻炎なくなったなぁと気がついたからです。

元々花粉、ハウスダストなどのアレルギー持ちで、小学生の頃から鼻炎で鼻が詰まっていました。耳鼻科で薬をもらってやっと鼻炎の症状が抑えられるくらいでした。

なた豆茶は、母から勧められた当初は、どうせこれも効かないんだろうと思っていました。でも、何せ味が美味しいので、毎日趣味のように飲んでいました。

30パックの袋が二袋目に入る頃だと思いますから、1ヶ月以上飲んでいたと思います。劇的な効果ではなく、じわじわと効いていたと思うので気がつかなかったのですが、気がつくと鼻炎による鼻詰まりがなくなっていました。

確かに全部鼻炎がなくなった訳ではありませんが、それまでずっと鼻詰まりで就寝時に口呼吸だったのが、いつの間にか鼻呼吸をしていたのです。それに気がついた時はとても感動しました。

鼻の調子もいいし、美味しいのでずっと飲み続けています。

最近鼻炎の症状が無い

前から鼻炎気味だったのですが、転職して環境が変わってから余計に悪化してしまいました。

治療しようにも、仕事が変わったばかりですからそう簡単に休めないし、田舎なので土日にやっている良い病院がまるでない。だから、民間療法としてなたまめ茶を飲み始めました。

まず、利尿作用があるらしく排尿の回数がかなり増えました。元々水分を取るのが好きで少々飲み過ぎてしまいがちなせいか、私の場合はかなり頻繁にトイレに行くようになってしまいました。ある程度するとこの回数は落ち着きましたね。

気になる効果ですが、一ヶ月ではあまり変わりませんでした。正直、ちょっと良くなったかな?程度です。

実際に気付いたのは三ヶ月ほど飲み続けた後でした。気が付いたら最近鼻炎の症状が無いな、と言う感じでしたね。

あくまで民間療法ですからすぐに効果は出ませんでした。やはりこういうのは飲み続けるのが大切なのだと思います。今は症状もかなり落ち着いていますよ。

妊婦さんでも安心

産後に体質が変わり、鼻炎に悩まされるようになりました。当時、授乳中だったので耳鼻科に行っても薬は出してもらえず、スチーム吸入器だけして帰っていました。

毎日鼻水が苦しくて頭痛に悩まされ、口の中も粘ついていて喉もからんでいるので口臭も気になり出しました。

それでも鼻炎が苦しくて何かないものかとネットで検索していたところ、鼻のどスッキリのなたまめ茶を見つけました。色々とある中で、国産の無農薬のものでノンカフェインなら授乳中でも安心して飲めると思い、購入を決めました。

商品が届いて温かいお茶で飲んでみると、しばらくして鼻がすーっと通るようになりました。久しぶりの感覚にとても嬉しくなりました。

仕事から帰って来た主人に『あれ?鼻声じゃないね、薬でも飲んだの?』と聞かれたぐらいです。なたまめ茶を見せると、こんなに即効果があるのかと主人はビックリしていました。

その後も美味しく飲み続けて、口の中の粘つきもなくなり口臭も気にならなくなりました。なたまめ茶にはミネラルも含まれているので、妊婦さんにはぜひ安心しておすすめしたいお茶です。

鼻炎がひどいなら、なたまめ茶を3~12ヶ月ほど飲もう

「鼻づまりが改善した」
「風邪を引きにくくなった」
「鼻をかむ回数が減った」
「口臭が気にならなくなった」
「鼻呼吸が出来るようになった」

などなど、全員が大なり小なり効果を感じているようです。

もちろん、薬みたいに短期間で劇的な効果を発揮することはありません。数ヶ月飲んで症状がましになる程度です。でも、薬を長期間使ったら副作用が出たり、耐性がついたりしますよね。

その点、なたまめ茶は年単位で使っても問題ないし、段々と症状が気にならなくなってきます。

鼻炎にお悩みならば、とりあえず3ヶ月ぐらい使ってみてはいかがでしょうか?

なたまめ茶は国産でなければ危険かもしれません

鼻炎対策として毎日のように飲むなら、値段が安いに越したことはありませんよね。

しかし、安いなたまめ茶は中国産のなたまめから作られていることが多いもの。飲まないことをおすすめします。

中国では工場が未処理の工場排水を垂れ流していたり、国際的に使用を禁止されている強い農薬が使われていたりします。その結果、大気汚染・水質汚染・土壌汚染が進行中です。


引用元:「中国 大気汚染」でGoogle画像検索

引用元:「中国 水質汚染」でGoogle画像検索

国の環境保護省は全国的な土壌検査の結果を発表しています。それによると、国土の3分の2に当たる約630万平方キロメートルのうち、約16%の土地と耕作地の約19%で基準値を上回る汚染が確認されたことを明らかにしています。中国は広大な国です。そのかなりの部分で汚染が確認されていることは信じがたいことです。工場跡地には、予想できないくらい酷い汚染があります。カドミウムやヒ素、クロム、鉛などの重金属が土地に含まれています。

引用元:中国の土壌汚染はなぜ起こるのか~各地で健康被害が顕在化

中国の環境保護相は「耕作地の約19%で基準値を上回る汚染」と発表していますが、その数字には疑問が残ります。

中国は大量の食品を海外に輸出して稼いでいます。なので、利益が減らないよう、土壌汚染を過少申告しているかもしれません。

日本にも重金属を垂れ流し、水俣病やイタイイタイ病を発生させた時期があります。データが出そろっていないので厳密な比較はできませんが、写真や発表を見る限り、今の中国は昔の日本を超えていると言っていいでしょう。

そんな国で育ったなたまめを摂取して鼻炎が良くなるとは思えませんよね。

鼻炎対策としてなら毎日のように飲みますから、重金属や化学薬品が少量でも含まれていれば危険です。

中国産は避けておいた方が無難ではないでしょうか。

おすすめの国産なたまめ茶

主な原材料:なた豆・黒豆・はと麦・薩摩くず草・赤芽柏(アカメガシワ)・クマ笹・桑の葉

主な原材料:なた豆・黒豆・ごぼう

なた豆茶はブレンドによって味がかなり違います。そのため、「このお茶はダメだったけど、このお茶はおいしく飲めた」なんてケースは珍しくありません。

鼻炎に効果があったとしても、おいしくなければ続かないもの。幸い、二つともお試しありなので、飲み比べて自分好みのお茶を選ぶといいでしょう。

 - 健康, 花粉症