知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

ダイエットのやる気が続かない人がやるべきこと

      2016/02/05

diet-tudukanai

「毎回、ダイエットに挫折しちゃう。どうしたらダイエットを続けることができるんだろう」

そんな悩みを持っていませんか?

始めてすぐはモチベーション高くやっていても、成果が見えない状態で継続するのは難しいですよね。

「これを続けていて、本当に痩せるのかな」と思ってしまい、いつのまにかやらない理由を探してしまっているのではないでしょうか。

そこで今回はダイエット成功者たちにどうやってモチベーションを維持していたのかを聞いてみました。

成功者たちの工夫をうまく取り入れれば、あなたも最後まで続けられるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

ダイエットをすると周りに宣言しました

私はダイエットを続けて2年目になる20代女性です。

トータルで7kg落ちています。私がここまでダイエットを続けられている秘訣は沢山ありますが、なにより大切なのは周りの人に宣言することです。
家族、友だち、職場などなど自分に関わる人たち全員にダイエット宣言をしました。

そうすると、例えばお菓子をみんなで食べていても自分は宣言しているから今一緒に食べたら、「意思が弱い人」と思われたり、「結局食べるんだ」と思われるなら

今ここで我慢したほうがいい!と思えるのです。お菓子がなくなった頃、心の底から我慢してよかった~と思えるのです。

お菓子やジュースをやめることでかなりの体重が落ちましたよ。今ここで我慢したらって常に思うとお菓子に対する免疫がついて食べなくてもいっか!といった気持ちになります。ここまできたら、痩せたも同然です!

ジムで徹底的に汗を流して効果を確認してました

ダイエットでモチベーションが低下するのは、停滞期のように結果がでないためだと思います。そこで、必ず体重が落ちる方法を見つけておくと良いと思います。

私の場合はスポーツジムで徹底的に汗を流すことでした。休日にスポーツジムへでかけ、半日かけてトレーニングしました。

ウォーキング30分から始めてエアロビックス45分、筋トレ講習45分、ステップマシーン30分、最後にランニング5kmをしました。これを全てすると4~5時間はかかります。

普段あまり運動をしないこともあり、汗の量もかなりのものでした。トレーニングの前後では体重は1kg以上は減っております。

ほとんどは汗による水分ですが、目に見えて効果が確認できるとモチベーションは上がります。また頑張ろうと前向きな気持ちになれます。

スポーツクラブで体成分分析機器を定期的に使っていました

私はスポーツクラブに入会してダイエットに成功しました。

モチベーションを保つにはスポーツクラブに定期的に通い、常に体脂肪率を意識して、自分なりに目指す目標を常に高くもつ事です。

そしてインボディという体成分分析機器といって体脂肪率や筋肉量、筋肉バランスなど自分の体について詳しく知ることができる高度な機械があります。その機械で定期的に自分の体の中身を知ることもモチベーションの維持につながります。

ちなみに私の通っているスポーツクラブではこの機械で3か月おきに測定するようにすすめられています。

アドバイスどおり、3か月おきにこのような機械で自分の体の中身の変化を知ることはモチベーションの維持はもちろん、今後の運動の目標についてじっくり考えることができるのが魅力です。

また友達同士で測定結果を見せ合ったりすると、さらに頑張ろうという気持ちが高くなります。

目標となる日にちをハッキリさせ、少しきつめのドレスを目立つところに飾りました

いつも途中で挫折してしまうのですが、友人の結婚式に招待された時のダイエットは成功しました。

目標となる日にちがハッキリしていたのが成功の理由かなと思います。

何となく痩せたら良いな、という気持ちではやる気が起こらないし長続きしません。この日までダイエットを行う、と事前に決まっていると、モチベーションが維持しやすかったです。

少しきつめサイズのドレスを、目に見えるところに置いておいたのも効果的でした。甘えてしまいそうになるとこのドレスを見て、絶対にこれをきれいに着こなすぞ、とやる気を復活させていました。

値段が高いドレスで無理して購入したため、ドレスをムダにしたくない、というケチな心理もプラスに働いたのだと思います。

1日2回体重計に乗りました

わたしは、朝と晩の二回、体重計に乗って体重の小さな体重の変化も見逃さないようにしていました。

毎日、体重計に乗っていると、間食を減らしたり運動して汗をかいた後に体重が減っているのがすぐに分かり、どうすれば自分の体重が落ちやすいのかを知ることができます。

逆に、体重が増えてもすぐに対処できるので、体重が増えすぎることがありません。また、ついつい飲み過ぎや食べ過ぎで体重が増えても、増えた分を正確に把握しておくことで、無理なダイエットをしなくなりました。

自分が痩せやすい時期に一気に落として、多少増えてもすぐに落とせると思えば、焦ることもありません。

目で見て、痩せている実感が味わえるので、毎日体重計に乗るのはオススメです。

体重を記録できるアプリと週一の高いケーキでモチベーションを維持しました

仕事が忙しく暴飲暴食の結果、体重が80キロになってしまいました。

危機感はなかったのですが鏡で自分の体を見ると、たるんだお腹にパンパンな足と顔が目に入ります。なぜか急にこれはまずいと思いダイエットを始めることにしました。

まずは食事を野菜スープと果物を中心としたメニューに変え、毎日1時間ほど体動かすゲームをプレイ。

体重とメニューは体重が記録できるアプリで記録しグラフ化しました。こうするとすこしずつ体重がへっているのが目に見えてわかるので楽しくなります。

甘いものを禁止してたのでたまに禁断症状がでてたのですが、週に1回ちょっと高めで小さいケーキをゆっくり食べてやり過ごしてました。

これを1年ぐらい続けた結果-20キロ減らすことに成功。

まだまだ太ってはいますが鏡をみても以前よりは大丈夫だと感じています。
ダイエットは無理せず楽しみを見つけながらやるのが続けるコツです。

継続するコツまとめ

  • 失敗したら痛い状況を作る(周りに宣言する・きつめの服を買う)
  • 定期的に成果を確認する(体成分分析機器・体重計・アプリ)
  • 目標日を決める
  • 自分にごほうびを上げる(高いケーキなど)

どれも当たり前のことばかり。恐らくあなたも何度か聞いたことのあるモチベーション維持法ではないでしょうか?

もしかしたら、がっかりしたかもしれませんね。

ですが、少し考えてみてください。あなたはその当たり前のモチベーション維持法をきちんとやっていますか?

恐らく知ってはいてもやってはいないのではないでしょうか?

成功者と失敗者、その分かれ目はそこにあるのかもしれません。

今回、体験談を聞いてわかったことは、モチベーションが自然と湧いてくる魔法は存在しない。成功者たちも当たり前のことを積み重ねて結果を出したということです。

「当たり前でしょ」と馬鹿にせず、一つ一つ試してみましょう。そうすればダイエット成功に大きく近づきます。

 - ダイエット