知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

ホステス12人に仕事で一番大変なことを聞いてみた

      2017/10/05

hosutesu

ホステスと言えば、話を聞いているだけで儲かる仕事。

そんなイメージを持っている人もいますが、とんでもない。色々とストレスのたまる仕事ですよね。恐らくあなたもストレスをためていることでしょう。

他の人はどんなところに大変さを感じているのか、気になりませんか?

今回はホステス12人に仕事で一番大変なことを聞いてみました。

彼氏とのデート中にお客さんと会わないようにする

プライベートで外に出掛ける際には、なるべくお客さんには出くわさないようにすることが大変です。

仕事上は彼氏はいませんと公言していても、実際は居るので、お客さんに会いそうな場所ではデートは出来ないし、手なんて繋げません。

酒の飲み過ぎ

ホステスをやっていて一番大変なことは、なんと言ってもお酒です。具合いが悪くなるまで飲まないといけない商売ですので、吐いたりしてしまうことが辛いなと感じています。

お客さんへの営業

やはり日々お客さんに営業をかけて、お店に来てもらうことです。

毎日毎日営業メールや電話をしても、成果がでない日は「ヤバい!」って感じになります。ノルマがなくとも、一人も呼べない日はお店に出たくなくなります。

笑顔を維持しなければならない

私が一番大変だったことは、いつも笑顔で接客しないといけないことです。

酔っ払いの方ばかりなので、失礼な事を言っきたり、ボディタッチが過剰な人もいます。

お客様が一番なので、どんなに嫌な事があっても顔には出さずに接客しないといけません。

お客さんを覚えること

やっぱり、自分についているお客さんが増えてきた時ですね。

喜ばしいことではあるのですが、メールの送受信など、なかなか大変です。
誰が誰だかわからなくならないように、アドレス帳にはその人の特徴を必ず書くようにしています。

お客さんがかぶってしまった時

この仕事をしていて大変なことは自分のお客様がかぶってしまった時の対応の仕方かな・・・

今はスナックでカウンター越しの接客がメインだからお客さん同士が隣に座ることもあって話す内容ももちろん聞こえるわけで。

接客中も同伴やアフターで店以外で会う時も、私の事を女として見てるわけではなく、お客さんとホステスとしていい距離感で長くお付き合いできるAさん。

お店にもきてくれるけど外で会おうと休みの日にも何度も連絡してきたり、
お店にきてくれた日の帰りの送りで二人になったときにしつこく誘ってくるようなBさん。

この二人が隣の席になってしまった時には本当に精神的に疲れる。

Aさんは仕事ということを理解してくれてるので、ほかのお客様への対応などに口出しすることもなく見守ってくれる。でも、Bさんは自分以外のお客さんとの会話や食事の約束をしているのを見ると、どうして自分の誘いは断るくせに~・・・と不機嫌に。

それでも女の子同士みんなが仲良くやってたら、私がAさんについている時にもBさんのフォローしてもらったりできる。けれど仲良くなければBさんにあることないこと吹き込まれたり、ひどいときには怒らせて帰らせてしまったり。

スナックなので指名制でもないしキャバみたいに誰かのお客さんのヘルプとかっていうシステムなんかもない。でも、こういう商売では暗黙のルールみたいなのもあるわけで、最低限のフォローはお互いしていかないとまわらない。今回のBさんの場合だと、仕事後にフォローの連絡をしてひどいときは休みの日に食事に付き合わされるはめに・・・

ただお客様がかぶってしまってすねるだけならまだしも、やっぱりこういうお仕事は特にキャスト、スタッフ同士の関係が一番大きいのかなと思います。

お客さんとの距離感

お店を出るとサービス残業になるのですが、私は上手く帰宅できずについついお客さんと付き合ってしまいます。これが身を結べばいいのですが。

ホステスをやっていて一番大変だったことは「お客さんとの距離感」です。

ホステスは「夢の時間を売る仕事」と教えられたので、もちろん私もそのように接しますが、それはあくまでポーズです。

私とお客さんはお互い恋人のようなノリで接しつつ、実際は客と店員以外の何ものでもありません。

つまりお互いがお互いの立場をわかった上で演じているというか、その時間を楽しむのです。そのあたりは大抵のお客さんもわかっています。

しかし、ときたまそれを理解しないお客さんもいます。

私がいう「すごい」「素敵」「○○さんみたいな人初めて」というような、店員からすればさして意味のない謳い文句を真に受けてしまったのでしょう、客と店員以上の関係を求められることもありました。

かといってお客さんであることには変わりがないので「あんなの誰にでも言ってるよ」「私あくまで店側の人間だから」などといえるわけもありません。

私は演じているけどお客さんは素で、その食い違いが露見しないよう努めるのにはずいぶんと神経を使います。

不愉快な客の相手

酒癖の悪い客に当たる事です。お酒が入ると怒り出すお客様がいます。

大声で日頃の愚痴を話し、ホステスや他のお客様に対しても横柄な態度になります。相手はただ他人に怒りたいだけなので何を言っても無駄でその客が帰るまで怒られなければなりません。

正直他のお客様にも迷惑だし、大変です。

不快なことを言われたとしても、顔に出せ無いことです。

例えば、嫌いなタイプのお客様に個人的なことをしつこく言われたり、馬鹿にされ続けても上手に受け流し表面上は楽しそうにしていなければなりません。心の中では「なんであなたにそんなことを言われなくてはならないのか」と思っていても口には出せません。

どんな仕事でも顔に出せないことはありますし大変だとは思うのですが、ホステスというと比較的に見下した態度をとる人が多いです。不愉快な気持ちを押し殺して仕事をするのが大変だと思います。

気難しくて、口が悪い常連のお客さんの相手をするのが一番大変です。

高い金額をいつも払ってくれるので気を使いますし、重箱の隅をつつくような皮肉を言ってくるのですごくストレスです。

相槌を打っても、ちゃんとわかって返事をしているのか、とそれだけで切れられたこともあります。

大変なことはいっぱいあって、例えば営業電話とか、風俗と勘違いしちゃってるエロオヤジとか、生理的に受け付けない!ってお客さんの接客とか。

でも一番大変で辛い、早く時間が過ぎないかなと思うのが、他の子の指名客をつなぎで接客しなきゃいけない時。どんなに頑張っても自分のお客さんにはならなので頑張りがいがない。

それでも大抵は皆さん紳士で、それなりに楽しくおしゃべりできたりするんだけど、本当に嫌だな、辛いなって思うのが、はなっから指名の子以外興味ない、おまえなんかと話すつもりないってあからさまな態度を取るお客さん。なんで◯◯ちゃん来ないんだよって文句言われたり。

こっちだって仕事だし、私がいいって指名してくれるお客さんだってたくさんいるし、てか仕事じゃなければアンタなんて声掛けられるだけでキモいんですけど!!と、心の中で毒付いてます。

まとめ

お客さんを覚えなければならないといった、人気があるからこその贅沢な悩みもありましたが、多いのはやはりお客さんがらみですね。

恋愛とお酒が関係するわけですから、トラブルが起きて当たり前と言えるのかもしれません。

うまくあしらえるようになればいいのかもしれませんが、それが難しいんですよね。

ホステスがお客さんからドン引きされる瞬間

ホステスを続けるのなら、全身脱毛はやっておきましょう。

男性だって、女性に毛が生えていることぐらい知っています。しかし、実際に目にすればやはりテンションが落ちてしまいます。

管理人の知り合いでクラブが好きな人がいるのですが、「ホステスにすね毛が生えているのを見て、酔いがさめちゃったよ」と言っていたのを聞いたことがあります。

大変な思いをして接客しているのに、つまらないことでお客さんを失うのはバカバカしくありませんか?

男性の夢を守るためにも、売上のためにも、脱毛は早い段階でしておいた方がいいでしょう。

それにホステスは脱毛費用を経費で落とせます。やらない方が損と言えるでしょう。

みすみす税金を取られてしまうより、有意義なお金の使い方なのではないでしょうか?

脱毛方法ですが脱毛器がいいでしょう。

脱毛エステも悪くはないんですが、色々と面倒です。

痩身エステは気持ちいいのでストレス解消にもなるし、多少の無理をしてでも通うモチベーションは維持できるでしょう。でも、脱毛エステは痛いだけ。しかも脱毛完了までに数年かかります。通うのはなかなか大変ですよね。

エステティシャンが化粧品のセールスをしてくる店もあります。

その点、脱毛器なら暇なときにちょこちょこやればいいだけ。脱毛エステよりもはるかに楽。脱毛するなら脱毛器にしておいた方がいいでしょう。

脱毛器にも色々ありますが、人気なのがケノン。楽天市場脱毛器ランキングで5年以上1位を維持しています。

他社の脱毛器だと効果がなかったり、火傷してしまったりするケースもあるもの。その点、ケノンはこれだけ売れているのに今のところそう言った報告を聞きません。

他に候補がないのならばケノンにしておくのが無難です。まずは体験談を読んでみてはいかがでしょうか?

 - 生活