知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

結婚式を挙げないと後悔します

      2016/02/05

kekkon

  • お金がない
  • 時間がない
  • 恥ずかしい
  • 価値を見出せない

結婚式を挙げない理由といえばこんなところでしょうか?

確かに結婚式を挙げるのは大変なことだし、よほど強い思い入れがないと乗り越えられない壁もあるでしょう。

ですが、結婚式は多少無理してでも挙げましょう。

結婚時は「別に挙げなくていいでしょ」とか「そんな余裕ない」とか言っていた人も、数年たつと後悔することが珍しくないからです。

今回はそんな結婚式を挙げずに後悔した人たちに話を聞いてきました。

結婚式を挙げないとなぜ後悔するのか?

思い出が残る形にしておくべきだった

私が結婚式を挙げなかったのは、当時、海外に居住していたからです。

その国ではキリスト教徒しか結婚式を教会で挙げられなかったことと、日本のように結婚式場というものは存在しませんでした。

披露宴のようなものであれば、どこか会場を借りればできたのですが、結婚式同様人さまの前で主役でいることが恥ずかしいと思い、何もしませんでした。

しかし日本に夫と帰国した今、やはり一生に一度のことですから、結婚した時に結婚式か披露宴だけでも済ませておけば良かったと思います。

私たちは写真すらとらなかったので、いわゆる結婚の記念写真というものがないのです。写真がないと思い出は薄れていくもので、当時はそれでも良いと思っていたのですが、今となっては思い出が残る形にしておくべきだったと後悔しています。

ぜひこれから結婚する人は後悔しないようにお相手と相談して、写真だけでも撮っておくと良いですよ。

式は挙げたほうが後悔しないと断言できます

私は30代の女性です。付き合って5年、籍を入れて2年の彼がいます。

彼は今まで付き合った人と違い、とても家庭的で思いやりがあり、私の事を一番に考えてくれる人でした。

彼は嘘をつく事ができず、まじめで誠実だったので結婚するならこの人と決めていました。彼も結婚する気があったため、付き合って1年半後にプロポーズされました。

私は結婚式を挙げたかったのですが、私の両親が彼の事を認めてくれず、結婚式を挙げることに対しても反対されていました。

彼の両親は私の事を受け入れてくれ、結婚式を挙げる事も同意してくれていました。1年かけて私の両親を説得しましたが、心変わりする事はなく、彼に一度も会ってくれませんでした。

結局、式を挙げるとき片親だけだと寂しいという結論に至り、式を挙げませんでした。

結婚式を挙げるには大変な労力と時間がかかるため、若くて結婚したての式を挙げたいという思いが強いときに挙げたほうがいいと思います。私は今でもウエディングドレスを着たかったと悔やんでいます。親の事は気にせず、自分たちが納得いく形で式を挙げておけば良かったとも思います。

また、彼の両親や友人にも感謝の気持ちを述べるという意味でも式を挙げたら二人の中で一つけじめができたなぁと思います。両親に祝福されて結婚する人ばかりではないと思いますが、自分たちの納得いく形でいいので、式は挙げたほうが後悔しないと断言できます。

つくづくとやった後悔よりやらなかった後悔のほうが大きいと感じています。

子供が寂しそうな顔をします

結婚式を挙げなかった理由は、「できちゃった結婚」だったからです。

学生だったこともあり、お互いの両親に反対されるのが怖くて妊娠7か月になるまで「結婚したい」という旨を親に伝えることができませんでした。

ですから、親から結婚の承諾をもらった時にはすでにおなかが大きくて、それに似合うようなドレスもなかったので、とりあえず「子供が生まれてから結婚式をしよう」と決めていました。

でも、実際に子供が生まれると子育てに忙しくて結婚式のことはすっかり忘れてしまいました。

それに、夫も私も「結婚式」に対してそんなに執着がなかったので後悔するということもありませんでした。

しかし、子供が小学生になり、女の子ということもあるのでしょう。友達のお家で見る結婚式の写真や、話を聞くにつれて「ママたちの写真見せて」というようになり困ってしまいました。

「ママたちは結婚式はしていないんだよ」と話すとすごく寂しそうな顔をするんです。その顔を見ていると少しだけ後悔の波が押し寄せてきます。

今更、産後の太った身体でウェディングドレスを着るのも気が引けますし、何よりお金もありません。

どうしたらよいものかなと夫婦で悩んでいます。

みんなの前で愛を誓うのは大事

十代の時にできちゃった結婚をしてしまったので、結婚式をあげたかったのですが、金銭的に余裕が無くてできませんでした。結婚式は、昔の人の考えですと、結婚式をすれば別れない的に思われていますよね。

それはどうかと思いますが、みんなの前で、愛を誓うのは大事なんだなと思いました。一生に一度のことだったのに、何でしなかったのだろう?と、友達などの結婚式に招待される度に思います。

結婚式が恥ずかしくてイヤって人もいるかもしれませんが、後々のことを考えると、結婚式はやっておいた方がいいですよ。

今はキレイに式の様子を写真に撮ってくれて、アルバムにしてくれたりします。それを見る度に、その時の幸せだったことを思い出すので、ぜひやっておくべきだと思います。

結婚式にお金を使うのはもったいないと思っていました

私が結婚したのは20年ほど前で、その時はお金がなくてその後の生活の方が大事だと思っていて、結婚式にお金を使うことはもったいなくて実際的な方法ではないと思いました。

それに会社のパートの人にも式を挙げる必要はないというアドバイスもあって、今の主人と綿密に話し合いも行った結果、結婚式を挙げないという結論に達しました。

籍を入れるだけでいいとさえ思っていましたが、両親は式をあげなくても、せめて両家だけでも顔合わせして食事会だけでもする方がいいと提案してくれたので、食事会だけをして本当に簡単なものでした。

今考えるとウエディングドレスを着て結婚式を挙げてもよかったと思うこともあります。

やはりお金はかかっても一生に一度のことです。それに若い時は二度と戻ってきません。そしてその時に写真は本当に記念になり、一生の宝になります。そのような貴重な写真がないことも本当に寂しくて切なく思っています。

さらに追い打ちをかけるように、後に弟が結婚式をあげて華やかな姿を実際に目の当たりにして、本当に後悔しました。

一生に一度のことなので、お金がかかってもけじめとして結婚式はするべきだったと後悔しています。

お金は後で働いていくらでも挽回できるが、過ぎ去った日々は二度と戻ってこないし、お金に変えることは決してできません。

後で過ぎ去った日々を悔やむぐらいならば、むしろ借金をしてでも結婚式は挙げた方がいいです。

せめて写真だけは撮っておくことをお勧めします

遠距離恋愛の末に結婚したのですが、遠距離であっために結婚式の準備をする時間がなかなかとれなかったからです。

お互いの職場も九州と関東と離れているし、サービス業であったために週末休みというわけにもいかず、結婚式はできませんでした。

ウエディングドレスや白無垢はなかなか着られるものではなかったので、着とけばよかったかなと思っています。

女としてはやはりウエディングドレスや白無垢への憧れはあります。結婚式は形式ばかりなのでどうでもいいのですが、ドレスは着たかったなーと正直なところ後悔しています。

今更、夫にウエディングドレス着たいとはいえません。夫に言ったら馬鹿にされそうで、結婚して10年以上たってから「実はウエディングドレス着たい」とは悲しいことに言えないものです。子どもが生まれていたらなおさらです。

写真館でウエディングドレスの写真を撮っておくといいと思います。写真があれば、子供たちにも結婚式の写真だといって見せることも出来ます。

若くて美しい時期は人生において短いものです。写真だけなら安くできると思うので、せめて写真だけは撮っておくことをお勧めします。

まとめ

  • 思い出が薄れていく
  • 若い時期は戻らない
  • 一生の宝となる結婚式の写真がない
  • 他人の結婚式に参加した時が辛い
  • けじめがつかない
  • 結婚式は両親に感謝を表す場でもある
  • ウェディングドレスを着ておけば良かった
  • 子供が悲しい顔をする

などなど、色々な理由で後悔されていましたね。

あなたも今は「後悔することはないだろう」と思っていても、今回話を聞いた人たちみたいに後悔する可能性は十分にあります。彼ら彼女らが主張しているように、写真だけでも残しておきましょう。

幸いチャペルや神社で式を挙げて写真を撮るだけなら、時間とお金は大してかかりません。大規模な披露宴をやらなければ、結婚式なんて簡単です。

 - 生活