知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

元カノへの嫉妬をやめる方法を経験者に聞いてみました

   

嫉妬はやめるべき。

そう理性では考えていても、なかなか難しいですよね。疑いと自己嫌悪で苦しい思いをしているのではないでしょうか?

そこで今回は元カノへひどい嫉妬をしていた女性たちに、どうしたら嫉妬をやめられるのかを聞いてきました。

経験者に聞く、元カノにひどく嫉妬してしまう場合の対処法

確信が持てたので嫉妬しなくなりました

私は、大学生の頃に付き合っていた彼氏の元カノにものすごく嫉妬した過去があります。

元はと言えば、私がその彼氏と付き合い始めた時期が、元カノと別れた直後だったのです。

なので正直、付き合いだした最初の頃は「元カノに振られた寂しさを埋め合わせるだけのために私と付き合っているんじゃ?」なんて思ったものです。

それに、彼氏のアパートには元カノの私物などが色々と残されていて、それを見つけるたびに「やはり元カノのことが忘れられていないんじゃないか」と、ものすごい嫉妬心が湧き出てきました。

ちなみに元カノも同じ大学に通っていたのですが、学部が違っていたため滅多に会うことはありませんでした。

でも、写真を見る限りそんなに美人ではなかったです。でも逆に、美人ではないのに、そんなに彼氏に未練を残させるような魅力的な人だったのかな?と思うと、どうしようもないモヤモヤした嫉妬心がありましたね。

その彼氏と付き合っていたのは2年近くですが、実際1年くらいはズルズルと嫉妬していたかもしれません。

でも最終的には、彼氏が私のことが間違いなく一番好きだ、という確信が持てたので嫉妬しなくなりました。

あとは、出来るだけその元カノのことを気にしないようにしました。

嫉妬に苦しんでいる女性 へのアドバイスとしては、「嫉妬してもどうしようもないから自分磨きをしたほうが良い」ということです。

彼氏が自分のことを見てくれている!と自信が持てれば嫉妬しなくなりますよ。

私だって元カレがいるから同じです

「男性は彼女との思い出をそれぞれフォルダ別に記憶している、女性は彼氏との思い出を上書き保存として記憶している」という記事をネットか何かで見たことから嫉妬しだしました。

やっぱり、今付き合っている私の彼氏も、私と会う前に付き合っていた元カノとの思い出や記憶を思い出してしまうときがあるのかな?と思ってしまいました。

その小さなことがきっかけとなり、彼氏のキスや行為が上手であったりするところから私の頭の中では「元カノとこういう経験(キスなど)をたくさんしてきたのかな?」と思ってしまうようになりました。

しかし、そう思ってしまう私も、今の彼氏が初めての彼氏というわけではありません。元カレという存在がいるのは確かで、私だって同じことだよねと思うようになりました。

すると、彼氏は今この瞬間、私を大切にして付き合ってくれているんだと思えるようになりました。

大好きな彼氏の過去を一緒に過ごすことはできません。でも、今とこれからの未来を私には過ごす可能性が十分にあると言えます。

そんな嫉妬で喧嘩をしてしまうぐらいなら、ずっと仲良く過ごす方が思い出の数も時間も自分が一番になれますよ。

自分に自信を持てれば、嫉妬なんてなくなる

付き合っていた彼氏はとてもモテたようです。

その事は周りの友達から聞いてはいたのですが、自分の目で見たことがなかったので、あまり気にせずに付き合っていました。

そんなときに、手帳を見ると、元カノとのプリクラがでてきて、なんとチュープリです。私とはそんな事絶対しないのに!とてもショックで、あの衝撃はいまでも忘れられないくらいです。

友達の友達に聞いて、どんな人だったのか調べてみたり、彼の携帯を見てみたり、あのときの私はどうかしていたと思います。一ヶ月くらいすると彼の方がおかしいことに気づいたみたいで、なにかあったのか、問いただされました。

もう嫌われてもいいから正直に言おうと、全部不安に思っていることを言いました。

すると、彼氏は笑って「あのときは彼女とつきあっていたけど、今はお前しかいない。これから先もずっと一緒にいたいと思ってる。なにも心配しないで、大切にしたい」といってくれました。

その言葉で、吹っ切れたというか、大切にされているのは私なんだと思えました。自信がついたことで、嫉妬心はなくなりました。

なにか自分に自信を持てれば、嫉妬なんてなくなるんだと思います。彼氏にちゃんと思いを話すことも大事なんでしょうね。

彼の愛を信じ、元カノの事じゃなく彼の事を考えなさい

高校生の時に付き合っていた彼氏の話です。

その彼氏の元カノは私の友人でした。私が奪ってしまったような形になってしまいましたが、私はそれでも彼が好きでした。

そんな彼と元カノは同じクラスでいわゆるイケているメンバーで中心人物。行事では一緒になることが多く、体育祭などで2人でダンスをしたりしてました。さらに、高校を卒業しても、元カノが彼に連絡していることが度々ありました。

最初は凄く嫌で嫉妬で喧嘩になることが多く彼と元カノの話を聞くたびに嫌になりました。

でも、相談した知り合いに、こう言われました。

「元カノでも一度は本気で愛した女性だから、簡単には嫌いになれないはず」

「それでもあなたを選んだのなら、そんな本気で愛した元カノよりあなたのことを本気で愛していて、あなたとの関係に満足している」

「だから、あなたも彼の愛を信じて、嫉妬したとしても言葉や態度に出さずに、元カノの事じゃなく彼の事を考えなさい」

最初は嫉妬を我慢することは苦痛でしたが、それ以上に彼の事を考え彼の愛を信じ続けました。今では嫉妬はなく、彼の過去は全然気にならなくなりました。

彼氏の言葉で嫉妬をやめられました

大学生の時に付き合っていた彼氏の元カノに対して、私は激しい嫉妬心を抱いていました。

その時、付き合っていた彼氏は1つ年上のサークルの先輩。私が大学に入学した当初から、ほとんど一目惚れに近い形で、ずっと片想いしていた人でした。

けれど、当時彼氏は、同じ学部のゼミに所属している彼女とお付き合いしていました。傍から見てもお似合いのカップルで、私が入り込む隙は無いように思えました。

ところが、私が大学2年生になってすぐの頃。サークル仲間を通して、二人が別れたことを知りました。

それを切っ掛けに、思い切って私から先輩に告白したところ、OKとのこと。晴れて先輩とのお付き合いが始まりました。

しかし、お付き合いをしてしばらく経ったある日。

同じサークルの彼氏の友人から、「実は彼氏と元カノが別れた原因は、元カノに好きな人が出来たから。彼氏の方はまだ元カノが好きで、引きずっている」という話を聞かされました。

その話を耳にした時、私は努めて冷静な表情を装ってはいました。でも、内心では激しい嫉妬の炎に燃えていました。

私にとって彼は、1年間ずっと片想いし続けていたお相手でしたし、生まれて初めて出来た彼氏でもありました。

それに、彼氏の元カノの女性は正直、私では到底適わないくらい美人さんでした。

もしも、何かの切っ掛けで、元カノが再び彼氏のことを好きになった場合、彼氏にフラれるのではないかと思った私は、嫉妬と不安で夜も眠れませんでした。

それでも、彼氏にはそんな自分の嫉妬する気持ちを打ち明けることが出来ないまま、半年近く心の中で悶々としていました。

しかし、私の誕生日が近づいたある日のこと。

誕生日プレゼントは何が良いかと優しく聞いてくれた彼氏に対して、私はとうとう我慢が出来ず、元カノに対する自分の嫉妬心を打ち明けました。

そんな私に対して、はじめは彼氏も驚いた顔をしていました。でも、既に元カノには別の彼氏がいること、自分も元カノに対する未練は全く無いことを、包み隠さず話してくれました。

さらに、今は私一筋で、むしろ元カノに嫉妬してくれて嬉しいと言ってくれました。

その言葉で、私はようやく元カノに対する嫉妬をやめることが出来ました。

今、彼氏の元カノに対する嫉妬心で悩んでいる方も、自分一人で抱え込まずに、思い切って彼氏に自分の気持ちを打ち明けてみては如何でしょうか。

愛情を確かめて自分に自信を持つこと

付き合い始めて間もない時に元カノの話を聞きました。

元カノが原因で別れたとのことでしたが、よくよく聞いてみると大学の学部が同じで、仲良しグループの1人のようでした。

私と付き合い始めてすぐ、お揃いのピアスをつけようという話になりました。でも、何故か彼は、元カノとお揃いだったピアスを私にプレゼントしようとしてきました。

だから、もしかしてまだ元カノのことを忘れていないのでは?という疑問が常にありました。

夏休みに彼はその仲良しグループで泊まりの旅行に行ったのですがもちろん元カノも一緒でした。夜にメールでやり取りしていたのですが、明らかにまだ寝ていないだろうという時間から急に返信がなくなり、不安で不安でたまりませんでした。

付き合って半年が経った頃にはそれまでのように激しく元カノに対して嫉妬することはなくなりました。彼が私のことを本気で好いてくれているということを感じ始めたからだと思います。

嫉妬をしないために手っ取り早い方法は、愛情を確かめて自分に自信を持つことだと思います。

彼氏の愛を確かめるのが一番いい

元カノのことより彼のことを考える、自分を磨く、といった答えもありましたね。

でも、やはり一番なのは彼の愛を確認すること。

嫉妬しているのは彼の愛が自分の方に向いているかわからないから。素直に自分の気持ちを打ち明け、彼の愛情を実感できれば、嫉妬の苦しさから解放されるでしょう。

 - 恋愛