知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

借金を上手に告白する方法はあるのか?

      2016/11/09

syakkinkokuhaku

「家族に借金がばれそうで、気が休まらない」
「結婚するからには隠し事はなしにしたいけど、勇気が出ない」

こんな感じの悩みを持つ人は結構います。

借金というのはどうしても負い目に感じてしまいますよね。

たとえそれが奨学金とか親への仕送りとかでも、打ち明けるには勇気がいることでしょう。ギャンブルで作った借金ならなおさらです。

でも、あなただって隠したままでは苦しいですよね。そこで今回は借金を告白した人に体験談を聞いてきました。

体験談

ある日、債権回収会社から支払い用紙が届いて

借金をした経緯ですが、前の職場の給料がとても安く毎月支払いなどで手元に残るお金がなかった為借金をしてしまいました。

当初借金は少なかったのですがクレジットカードのカードローンで借りていたためお金という重みが消え、毎月毎月借りてしまっていました。

しかし、そうなると当然のことながらいつかは返さないといけない日が来るわけで、家族に打ち明けようか迷っていたのですが、自分の口からはとても言い出せないまま数か月すぎたある日のことでした。

ある債権回収会社から一通の支払い用紙が実家に届きました。

もちろん実家に届いた時点である程度覚悟はしていましたが、当然のことながら家に帰るなり借金のことについて問われました。実家には母親がおりましたがその通知を見ていくら借金があり、よその会社にも借金はないのか?と聞かれ素直に答えました。

私の場合、自ら家族に打ち明けたというより一通の手紙により借金があることが発覚してしまったのです。その後、こっぴどく叱られましたが、月々の返済のペースや金額をすべて打ち明けこの予定で完済する。と伝えました。

それから1年半以上経ちましたが、無事借金も完済しゆとりのある生活をしております。

打ち明けようか迷っている方、いつかは請求が来てばれてしまいます。ばれてから問い詰められるより自らの過ちを先に話したほうが精神衛生的に楽なのではないでしょうか?

結婚の時、奨学金返済が残っていることを打ち明けると

大学時代に奨学金を約300万円借りていて、大学を卒業してから自分で返していたのですが、まだかなりの金額が残っていました。

夫と結婚する時に、私は仕事を辞めていたので、奨学金を借りていたことを正直に話しました。

話をする前は金額が大きいので話すことを少しためらってしまいましたが、ギャンブル等でつくった借金でもないので、借りていた期間と返済予定等を夫に伝えました。

夫は金額が大きいので初めはびっくりした様子でしたが、自分が一生懸命働いて一緒に返済すると言ってくれました。

私は夫が言ってくれた言葉がとても嬉しくて、この人であれば結婚しても幸せになれるだろうと思いました。それから毎月少しずつ返済して、もうすぐ無事返済も終わりそうです。

借金があることを誰かに伝えることはとても勇気のいることですが、一人で抱え込むよりは誰かに正直に話す方が気持ち的に楽になると思います。身近に相談できる人を見つけて話をきいてもらうのが良いと思います。

スロットで作った360万円の借金

22歳の時、スロットにのめり込み360万円の借金をしました。

利子だけを返済するばかりで返済額は一向に減らず、すでに結婚は一生できないだろうとあきらめていました。どうせ結婚できないなら楽しく遊んでやろうとやけになっている時に1人の男性と知り合いました。

私はその日楽しければ良いという軽い気持ちで付き合っていましたが、次第に彼の誠実な所に惹かれていきました。

付き合い始めて10カ月を経過した頃、突然彼からプロポーズをされました。予想外の出来事で驚きましたが、内心はとてもうれしく幸せな気分になりました。

しかし、私には多額の借金が残っていました。

彼に借金の事を告げるのは別れるのと一緒なので勇気がいりましたが、理由も言わず結婚を断ることは彼を傷つけることだと思い、思い切って借金をしている事を話しました。

別れを切りだすだろうと予測していましたが彼は「だから何?借金がある事は結婚できない理由にはならないでしょ。」と予想外の答えが返ってきました。嫌われると思っていた私はうれしくて泣きました。

借金の事を誰かに伝えるか悩んでいる人がいるとしたら、大事な人には伝えた方が良いと私は思います。もし理解してもらえなかった場合は、相手が自分のことを本当に大事だと思っていないと思うので縁を切れば良いと思います。自分が本当に大事だと思う人はきっと分かってくれるはずです。

なぜ打ち明けようと決断できたのか?

彼氏と同棲中のことでした。

彼は家賃や光熱費、私は食費といった分担で生活費を払っていたのですが二人暮らしで我慢を知らなかったためにしょっちゅう外食していました。

外食費も食費のうちだったので金額がとんでもないことになっていったのですが、私は低賃金の仕事をしていたので遂に払いきれなくなってしまいました。

けれど彼には良く見られたい、情けない女だと思われたくないと考えていたのでお金がないから外食を辞めようとは言い出せずにそのままズルズルと過ごしました。お金が足りなくなったら消費者金融に借金しました。

いつまでも言い出せずにいたのですが、結婚を考える年齢になった時ふと、借金をしていることを聞いて嫌だと思われるのは当然だけどもそれで別れることになるならそれまでだろう。

結婚をしたら一生一緒に生活をするのだし、壁にぶちあたることなんて何度だってあるだろうから、ここで別れるならそれまでの関係だったんだ。

隠れて借金をしていたことをきちんと謝罪した上で別れるなら彼はいずれにせよ別れる相手だったんだ。それでも一緒にいてくれるならこの人と結婚しよう。ずっと大切にしようと決めて告白しました。

今はその彼が主人です。借金返済も手伝ってくれました。

勇気を出して告白した結果

もう10年前の話ですが、当時、交際していた彼女と結婚するにあたり、隠し事はしないようにしましょう、という話になりました。

実は、そのとき私は、キャッシングで30万円ほどと、カードローンで50万円ほど借金をしていました。

借金という感覚はあまりなかったのですが、なんとなく切り出し辛く、どうしようか迷っていると、彼女の方が、実は以前カードローンで借金をしていたことがある、と話し出しました。

もう返済はし終わっているけれど借金という意識があまりなかったのが悪かったと、彼女は話を締めくくりました。

私は余計に言いづらくなったのですが、勇気を出して告白しました。彼女は、怒ることはなく、とても心配してくれました。

そして、借金というのは返済のほとんどが金利だから、一気に全部返したほうがいいと、自分の貯金を取り崩して、私の借金の返済にあててくれました。

あの時、黙っていたら、ひょっとしたら、今でも金利を払っていたかもと思い、彼女には頭が上がりません。

告白するとプロポーズを撤回されるのではないかと思っていました

私が借金をすることになったのは、実家の母親への仕送りが足りなくなってしまったからです。

私自身が、精神的に病んで休職をした時期がありました。その時、有給休暇も底を付いてしまったため、収入がなくなりました。でも、母親には心配をかけさせたくなかったので、いつも通りの仕送りを続けていたのです。

しかし、そんな生活をしていては、貯金もどんどんなくなっていきました。そして、借金をするという選択をしたのです。

そのタイミングで、彼が結婚を申し込んでくれました。結婚は、お金の問題も非常に重要になってきます。後から揉めるのも嫌だったので、彼にはすべてを打ち明けました。

私が借金をしているということを知ったら、嫌われてしまうのではないか、プロポーズを撤回されてしまうのではないかと色々考えました。でも、隠し事はもっと嫌だったので、言うことにしたのです。

彼は、最初はビックリしていましたが、親のためにした借金なら仕方がないと言ってくれました。そして、復職したらその借金返済をして、その後から2人の貯金を貯めようと言ってくれてすごく嬉しかったです。

もしも、家族や恋人に借金のことを打ち明けるか悩んでいるのであれば、話した方が良いと私は思います。1人で悩むより、支えてくれる人がいた方が頑張れます。

借金告白はした方がいい

今回、ネット上で募集した6人に話を聞きましたが、全員、借金を告白してよかったと言っていました。

正直、一人か二人ぐらいは関係が壊れてしまった人が出てくるだろうと思っていたので、この結果は私にとっても意外です。

もちろん、たまたまうまくいった人たちが集まっただけかもしれません。

しかし、それでも借金は告白することをおすすめします。

あなたも実感しているように、借金を抱えていることを黙っているのはとても苦しいことだからです。

精神衛生上よくないので、早めに楽になったほうがいいでしょう。

それに借金を抱えているということはどこかでばれます。直接ばれなかったとしても、追い詰められているあなたの表情を見れば、何らかの悩みを抱えていることはばれてしまうでしょう。相手が親しい人ならば、ばれないほうがおかしいのです。

追求されて話したり、耐え切れなくなって話すより、自分で話したほうが楽だし、相手の心象もはるかにましです。

告白する時は直球で

出来るだけ怒られないように告白しよう。上手に告白しよう。

みたいなことを思っていませんか?

やめたほうがいいです。借金をしたというだけでもかなりのマイナスなのに、小手先で誤魔化そうとするのは逆効果でしかありません。

最大限の誠意を持って、直球で打ち明けましょう。そのほうが相手の怒りも小さくなります。

借金を告白することはとても勇気のいることです。でも、親しい人ならばわかってくれます。

今回、話を聞いた人たちのご家族もみんな分かってくれていましたよね。もしかしたらあなたが頭の中で、恐怖を必要以上に育てているだけかもしれませんよ。

告白してみたら、案外うまくいくかもしれません。

もちろん、怒られることもあるでしょう。でも、それだけのことをしたのですから、甘んじて怒られましょう。表面上取り繕って先延ばしにするより、告白した時にしっかり怒られておいたほうがましです。

ゆがみが蓄積されて一気に破綻するよりも、きちんとガス抜きしておいた方が良好の関係を維持できるものですから。

体験談にもありましたが、それで終わってしまうのだとしたらその程度の関係ということです。

誠意を持って告白すること。これが大事です。

後は返済計画についても説明できるよう頭の中を整理しておきましょう。それが出来るのとできないのとでは、印象がまるで違ってきますから。

返済計画を考える際にやっておくべきこと

それは債務整理です。専門家に相談してしかるべき手続きをすれば、借金の額や利子が減ることが良くあります。

大事な人に返済計画を伝えるにしても、どうせなら借金額や利子は小さい方がいいに越したことはありませんよね。抵抗があるのはわかりますが、債務整理はやっておいた方がいいですよ。

以下のサイトでは匿名で借金減額診断が受けられます。まずはこれから試してみてはいかがでしょうか?

 - 生活