知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

スターウォーズの人気の理由は何?ファンに聞いてみた

   

スターウォーズって人気ですよね。

見たことない人でも、「ライトセイバー」「フォース」「ダースベイダー」といった単語を知っているぐらいです。

まさに一つの時代を築いた作品群といっても過言ではないでしょう。

とはいえ、私はあんまりしっかり見たことないし、なぜそこまで人気なのかよくわかっていません。

そこで今回はファンにどこが魅力なのかを聞いてみました。

スターウォーズファンが語る魅力とは?

スターウォーズを知って間もないですが全てが新しいです。

どれだけ古くなってもでてくる乗り物や世界は未来にでてきそうなものばかりです。アイデアや発想力に驚かされます。こんなものが空を飛ぶのか、こんなものが武器なのかとSFの最高傑作です。

話は面白いのですが世界のスケールも大きくてびっくりします。衣装にもこだわっていて美術館に展示されるものを見るだけでもファッションセンスやデザインの勉強になります。一話から見なくても訳が分からないところからでも楽しく見れる映画です。

SFにファンタジーに恋愛や憎悪など全て作れる作品はあまりないです。姫も出てくるので男だけではなく女の人でも楽しめます。

グッズも可愛くクオリティーの高いものが多く持っていても恥ずかしくありません。

スターウォーズの魅力はまず、敵との戦闘シーンです。

重要人物同士のライトセーバーでの戦いは迫力もありかっこいいのですが、私のおすすめはストームトルーパーという白い装甲を身にまとった白い兵隊の軍勢が、銃や乗り物を使って戦う場面です。

1対1の戦いとはまた違った迫力があり大勢の人がブラスターで放つレーザー光線は、普通の銃の弾ではなく光っており1970年代の頃はさぞかし興奮したでしょう。

そこで、スターウォーズは人気が出たと言ってもいいでしょう。

これまでR2-D2やともにいたC-3POなどのロボットがでており特にR2-D2はかわいいと人気でした。喋ることはできませんが、鳴き声みたいな声からなんとなく意味が伝わり二人の会話は平凡で心がやすらぎます。

このところがもしかしたら戦闘シーンとのメリハリがつき今日まで愛されている理由なのかもしれません。

最新作ではBB-8という新たなロボットが出るのでこちらも人気が出るかもしれませんね。

最大の魅力はなんといっても、あの独特の世界観です。

有名な金色の人のような形をしたC3-POというロボットや、小さくて丸いR2-D2をはじめとする主人公の仲間のキャラクターだけでなく、敵や登場するキャラクターが1人残らず個性的なものばかりです。

さらに、そのキャラクター達が繰り広げる恋愛模様や、マシーンを使ったレース、有名な光る棒のようなライトセーバーを使った戦いはとても見ものです。

「フォースと共にあれ」という有名なセリフにも出てくる主人公たちが戦う際に使うフォースという超能力も1つの魅力です。宿敵のダースベーダーにもダークサイドに落ちてしまった背景などもあり、それがシリーズを追うごとに明かされていくのも新たな魅力となっています。

SFという現実からかけ離れた物語の中に親子の絆、友情、愛という誰しもが共感できるテーマが各シリーズごとに盛り込まれているところです。

また、各シリーズの映画は時系列ごとに公開されているわけではないため、伏線の張り巡らし方が秀逸で繰り返し見たくなるストーリー展開になっているところも魅力的です。

ヒーローが仲間を増やし悪者をやっつけるステレオタイプの勧善懲悪の話にとどまらせない悪役の背負う背景や宇宙を舞台とするロボットや宇宙人のキャラクターが見る者を惹きつけてくれます。

30年以上続く映画では、俳優さんや女優さんの大人になった姿も作中で楽しむ事ができタイムスリップしたような感覚を味わう事ができます。

スピード感のあるストーリー展開と個性的なキャラクター達がスターウォーズの大きな魅力かと思います。

スターウォーズと聞くだけで、映画にしろテレビにしろ、ネット動画にしろ、人々が見入ってしまうのはなぜだろうか。それはおとぎ話し的な要素があり、単純に親しみやすいからではないかと思う。

スターウォーズは"A long time ago in a galaxy far, far away..."というオープニングロールで始まる。

宇宙的な背景に文字ロールが流れ「宇宙的な戦い」の導入が説明される。当該部分の日本語訳は「昔々、遥か彼方の銀河系で…」という意味だろうか。

これが何を指すかといえば、SF作品であるスターウォーズは、実は昔話なのである。昔話といえば、日本の童話で言えば、浦島太郎、桃太郎や金太郎など、誰もが大筋の話しを説明でき、またイメージも湧く。

スターウォーズもまた、童話的にイメージがつきやすいのだ。ストーリーはもちろん、ヴィジュアルもCGも音楽も説明できないまでに素晴らしい。そんなSFでありながら、スターウォーズは未来の様子を思い描くというより、昔そんなことがあったように思わせてくれるのだ。

換言すれば、身近に感じさせてくれる雰囲気が、スターウォーズを魅了する端緒な理由なのだと思う。

自分が思うスターウォーズの魅力は、シリーズを通しての親子愛、師弟愛が描かれているところではないでしょうか。

アナキンとルーク・レイア、ハン・ソロとカイロ・レンの親子同士の争い、ヨーダ、グワイガンジン、オビワン、アナキン、ルークと続くジェダイの系譜と、パルパティーン、ベイダーの暗黒面の系譜との争いが全シリーズを通して描かれています。

そこに宇宙世界での様々なキャラクターや兵器、テクノロジー、フォースの神秘的な力などが絡み合いながらも本質は人間ドラマなところが魅力と考えます。

またジェダイの描かれ方が、日本のサムライ的な要素が強いのも自分としては魅力的なものだと思います。

徒弟制や一子相伝的な制度、ライトセーバーの決闘、ジェダイへの修行の過程などがそれを感じます。自分が日本人ということでそう感じるのかもしれませんが、世界的にもサムライ的要素は受けいられているのではと感じます。

スターウォーズの魅力は実際に映画を見るしかない

さて、これらを読んでスターウォーズの魅力がわかりましたか?

私はわかりません。やはり、こういうのは実際に見なければ駄目でしょうね。

もしもあなたが「ちょっと見てみたい」と思ったのならU-nextで無料視聴するといいでしょう。

U-nextは映画配信サイトであり、登録後31日は無料で色々な映画を視聴できます。

配信されている映画には「見放題」と「ポイント」があります。「見放題」は無料期間中に自由に見れますが、「ポイント」の場合は見る場合にポイントが必要です。

スターウォーズは残念ながら「ポイント」ですが、登録した際にポイントがもらえるので、それを消費すれば無料視聴できます。

見る際は「スター・ウォーズ エピソード4 フォースの覚醒」から見ましょう。これが最初です。

最初なのになぜエピソード4なのかというと、エピソード1.2.3が後から作られたからです。人気が出たから過去話を制作したというわけですね。

1万円配布中

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーを見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しており、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変える自信があるセミナーがどれほどのものなのか?IQ148の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

追記

予想通り、人が殺到しているようです。終了は避けたものの、利用制限がかけられています。リンク先を見て登録できる状態だったら、即座に登録しておきましょう。もしも登録できない状態なら、ブックマークして再訪しましょう。午後9時ぐらいに登録再開というパターンが多いようです。

今後、さらに人数を絞っていくことはほぼ確実なので、興味があるなら本当に早めに登録した方がいいですよ。

 - 生活