知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

立ちっぱなしの仕事に最適な靴を色々な人に聞いてきました

      2016/01/27

tachippanashi

立ちっぱなしの仕事できついのが足の痛み。

あなたもマッサージやお風呂などで誤魔化しながら毎日を送っているのではないでしょうか?

ちょっと痛い程度ならばそれでもいいのかもしれませんが、あまりにも痛みがひどいようならば対策をする必要があります。

放置すれば外反母趾や足裏筋膜炎になってしまうかもしれません。足の痛みを避けるために変な姿勢を取ると腰や膝関節も悪くしてしまうこともあります。

症状がひどくなってしまうと治療に相当なお金や時間がかかってしまいます。そうならないためにも早い段階で手を打ちましょう。

方法としては色々ありますが、まず取り組むべきなのが靴です。「ひどい足の痛みに悩まされていたけど、靴を変えた途端に状態がよくなった」というケースは珍しくありません。

今回は警備員・営業・店員・調理師などなど、一日中座ることのない生活を送っている人たちがどんな靴を履いているのか聞いてまとめてみました。

フットサル用の靴

価格帯:4000~16000円

ある程度カジュアルな格好が許される人におすすめなのがフットサル用の靴です。

雑貨屋でバイトをしていた人に聞いたのですが、クッション性と通気性がよいので、普通のスニーカーよりもはるかに快適だそうです。

デザインもおしゃれなものが多く、本格的なものを買わなければそれほどお金もかかりません。

ティンバーランドの靴底がフラットなカジュアルシューズ

9000~17000円

カジュアルシューズでいえば、ティンバーランドもおすすめです。

ティンバーランドは色々なタイプの靴を出していますが、中でも「ブリッジトン ミッド ジップ ペンドルトン」などの履きやすさを追求した靴は立ち仕事の人にも定評があります。

生地が柔らかくて軽く、靴底のクッションが厚めで曲がりやすいので、長時間歩いても疲れません。

また、靴の中で足が動きすぎてしまうと足が疲れたり色々なところにマメができますが、足首まで包み込んでくれるのでそうしたズレがないのが特徴です。

今回、話を聞いた人の中にもペンドルトンを熱烈におすすめしてきた人がいました。

普段、私は調理の仕事をしており、長時間硬い安全靴をはかなくてはならないので、親指の付け根にタコができ、腰痛、股関節痛にも悩まされてきました。

通勤時には革靴を履いていましたが、どうしても足の疲れや痛みがとれません。サンダルのようなタイプやランニングシューズも試しましたが、反りがきつかったり、靴底が薄すぎて足が痛くなるばかりで捨ててしまいました。

しかし、ティンバーランドのペンドルトンを履いたところ、股関節の状態が良くなったので使い続けることにしました。

これに変えてからは歩き方が変わったようで、それまで靴底が左右アンバランスに減ったり、外側ばかり減っていたのですが、靴を変えてからは綺麗に両足同じような減り方をしています。

人によっても異なるとは思いますが、股関節や膝の痛みを感じている方にとっては非常にお勧めなシューズです。

ビルケンシュトック

価格帯14000~30000円

ビルケンシュトックは整形外科医が開発に携わった足に優しい靴を出しているブランドです。

足のアーチを適度に支え、足裏全体に平均的に体重がかかるように作られているので、体感が自然な位置になりやすいのが特徴。

横幅が広いので、幅広甲高の人にはうってつけです。

「ボストン」などのサンダルが有名ですが、カジュアルシューズやビジネスシューズも多数出しています。癖のないデザインなので合わせるのに苦労はないでしょう。

ただ、サンダルでも1万円は余裕で越えるので、ちょっとハードルが高いかもしれません。

パンジーのパンプス

3000~5000円

仕事柄、スニーカーやサンダルを履くわけにはいかない。でも、何万円もする靴を買うのも抵抗がある。そんな人にうってつけなのがパンジーです。

パンジーは室内履きで古くから有名なメーカーですが靴にも注力しています。

素材は布や合皮なのでストレッチ性に優れ、軽く、底はクッション性があるのが特徴。外反母趾の人も結構使っています。

見た目の高級感には欠けますが、スーツでも違和感の無いプレーンなデザインです。

価格が3000円程度なのも嬉しく、色違いでまとめ買いもできます。

アシックスのペダラ

18000~27000円

アシックスといえばスポーツ系の商品を多数出しているブランドですが、履きやすいビジネスシューズも出しています。特にペダラは評判がよかったです。

ペダラは足裏のアーチ部分から踵にかけて分厚くてやわらかいソールが優しく支えてくれる作りになっています。全体的に柔らかい素材を使用しているため、歩いたりする際の足への衝撃もほとんどありません。

ずっと立ちっぱなしの仕事をして、原因は不明ですが足裏筋膜炎になってしまいました。

仕事中は緊張感から痛みを感じませんでしたが、家に帰り靴を脱ぐと踵部分に激痛が走る辛い日々を送っていました。

整形外科に行き、クッション性の良い靴を勧められ、出会ったのがアシックスが販売しているぺダラでした。

今までの硬いビジネスシューズで歩いているとコンクリートの上を素足で歩くような感覚でしたが、この靴に替えてからはトランポリンの上で歩いているといっても過言でないくらいクッション性から踵部分の負担が軽減されたような感じがします。

帰宅後も今までのように激痛に襲われることも少なくなり、痛みも軽減してきています。同じ悩みを抱えている人に是非お勧めしたい一足です。

立ち仕事ならば毎日使う靴にお金をかけましょう

足の痛みを軽減する上で靴が果たす役割はとても重要です。

靴の質が仕事のつらさを大きく左右するといっても過言ではありません。それに履きにくい靴を使い続けると、体を壊してしまうことだってあります。

プログラマーみたいに一日中椅子に座っている職業の人は普通に10万円以上の高級椅子に座っているものです。

安い椅子に座って腰を壊してしまうと治療費に数十万円かかることもありますから、妥当な判断といえるでしょう。体が資本だから、必要な投資を惜しんではいけないという合理的な判断です。

靴に関しても同じ。

仮に3万円使ったとしても、それで足の痛みが軽くなるのならば、納得できるものです。

体を壊して後悔する前に、靴には気を使いましょう。

 - 生活