知っている人に聞いてみた

経験者達に意見や体験談を聞いてきました

腰痛コルセットは効果があるのか?

      2017/05/27

yotsukoru

腰痛を和らげる手段として良く選ばれるコルセット。

果たしてどれぐらい効果があるものなのでしょうか?

毎日、コルセットをつけるというのも面倒。それに夏は蒸れる、ファッション性も悪いというデメリットがコルセットにはあります。

デメリットを上回るメリットがなければつけたくないですよね。

そこで、今回はコルセットを経験した腰痛患者の人たちにどれぐらい効果があったか聞いてきました。

コルセットは腰痛患者におすすめです

偶然かもしれませんが、今回話を聞いた全員がコルセットを利用して腰痛が和らいだと言っていました。

介護が楽になりました

高齢者の介護の仕事をしていたときに、職場からのコルセットの支給があり、はじめて使いました。もともと体がゆがんでいて整体に通っていましたし、筋力もないほうだったので、前屈みの姿勢が続くと夜に寝られないほど腰が痛くなっていました。

コルセットを試してみたところ、まず、介護をするのがとても楽になり、驚きました。前屈みになってお年寄りを抱え上げたり、中腰で支えて歩いたりするときはいつも腰に不安を感じていましたが、その不安が全くなくなりました。介護しているときだけでなく、普通に歩くのも背筋が伸びるからか、とても楽でした。

今は、介護の仕事から離れて育児をしていますが、小さい子どもを床から抱え上げる動作は腰に負担が大きいので、いつもではないですが、少し痛むな、と思ったときにははやめにコルセットを使って腰痛の予防をしています。

立っているだけで辛かった産後の腰痛がコルセットをつけると

産後の腰痛が酷かった為、コルセットを使うことになりました。

腰痛で歩くのもままならず、立っている時も普通に立っていることが辛く、どうしようもないと思い使い始めました。

初めてコルセットを使った時は、腰回りに何かつけている感があり、気にしながら歩いてましたが、付けたほうが安定して歩くことができ、コルセットの良さに気付きました。

コルセットを3ヶ月くらい毎日付けていると、最初にあったズーンと重い石を乗せられたような違和感も消え、歩くことが困難だった時が嘘のようにスムーズに歩けるようになりました。

私も初めはコルセットを付けることに抵抗がありました。

ですが、使ってみてかなりの効果があったので、腰痛で悩んでいる方には是非一度、使ってみてほしいと思います。

こんなにも楽になるとは

数年前のことですが、仕事が立ち仕事なのもあって腰や肩がずっと凝っている感じがして、整骨院に通うようになりました。

整骨院ではマッサージや電気をしてもらって、その時は楽になるんですが、すぐまた腰痛がでてくるんです。

年のせいもあるので、仕方ないとは思いつつ、湿布を貼ったり、カイロを貼ってごまかしていました。

整骨院に通うようになって、相談していくうちに簡単な腰痛コルセットを勧められました。

今までつけたこともなかったし、おやじ臭い感じもして敬遠していましたが、試しに装着してみると、腰を誰かに両手で支えられているような、壁の出っ張りに腰を置いているような、安心感がありました。

簡易式のもののようで、思っていたほど着けた時の重たさや息苦しさというものがなく、服を着れば外から見てもわからないし、仕事中でもつけられるので、これもうれしかった。

腰に違和感があるときや、腰に負担がかかる作業が多いときには、予防のためにつけてくださいとのこと。

しばらく、つけたりつけなかったりでしたが、今はつけることは減りました。

ちょっとしたことなのに、こんなにも楽になるなんて思ってなかったので大満足です。

ぎっくり腰でも仕事できました

腰をかがめて重いものを持とうとした時に腰に激痛が走りぎっくり腰になってしまいました。

真っ直ぐ寝ている時は痛くないのですが、寝返りをうつ時に痛みで目が覚めてしまうほど痛かったです。

特に起き上がりと立ち上がりの時の痛みが強く、手の力を使わないと痛みで動作ができない状態でした。次の日の仕事に差し支えそうだったので、病院受診し、整形外科医にコルセットの使用を勧められました。コルセットは支柱付きのものを買いました。

初めて使用したコルセットは、最初は息苦しくて辛かったのですが、馴れてくると息苦しさも気にならなくなり、腰が安定して痛みも軽くなりました。

また、コルセットをつけていると腰を意識するので、不用意な動きをとらなくなり急に激痛が走ることもなくなりました。

なんとか次の日からコルセットをつけて仕事をしたのですが、コルセットがなかったら痛みで仕事にならなかったと思います。

コルセットは腰痛を和らげる効果はありましたが腰を安定させる分、使用し続けると腰周りの筋肉が落ちてしまいます。

腰痛が治った今は腰痛にならないよう普段の姿勢に気をつけたり、体の筋肉をつける運動をして腰痛予防をしています。

痛みが緩和されました

急に腰が痛くなり、整形外科で診断を受けたところ、コルセットを着けることをオススメされました。

正直、コルセットを着けるのが恥ずかしくて嫌でしたが、痛みを緩和するためには仕方ないと思って、医師の指導に従いました。

コルセットの効果ですが、痛み自体を取る効果はありませんでした。

ですが、腰の動きや姿勢をサポートしてくれる働きは感じられましたし、実際痛みが緩和されたのは実感としてあります。

医師の話では、コルセットは痛みを取り除くのではなく、腰の動きをサポートするためのものだと言われました。

コルセットを使おうか迷っている人は、コルセットがあくまでサポート器具であることを知った上で、使用することが大切だと思います。

快適に過ごせました

私は6年前、当時の介護ヘルパー2級の講座を受講しました。

「介護は腰に来る」と聞いてはいましたが、とてもスリムとは言えない私にも、実習が続いていた頃には中腰になることが多く、徐々に腰に痛みが出てきました。最初は中腰の姿勢から直立になろうとしたときに、勢いよく戻した時などに腰にビリッとした痛みが走る程度でした。

それがだんだん、痛む時間が長くなり、どんな姿勢でいても鈍い痛みや違和感を感じるようになり、最初は「バンテリン」のような、市販品で対処できていたのが、マッサージに行かないとしんどいほどになっていきました。

そこで考えたのがコルセットの利用です。

講習を受けていた時の皆にも言われ、ヘルパー2級の資格を取るためにも、腰を痛めてしまった後のことを考えても、まだ病院に行くほどではない「腰痛予備軍」のうちに、コルセットを巻いて対策をしておこうと思いました。

さっそく、インターネットでしっかりと腰やお腹を支えてくれそうなものを見つけて購入しました。

私が購入したコルセットは、巻くだけでなく、伸び縮みするサポーターが付いており、それを腰やお腹をほどよく押さえられるぐらいのところまで伸ばし、マジックテープで止められるものでした。

注文して、やっと届いたコルセットを装着してみたところ。腰に負担を掛けているものをしっかりと支えてくれて、とってもスッキリして気持ちがよかったです。

ちょっと厚みがあるので外を歩いているときに隠せるか心配でしたが、幸い私がヘルパー2級の講座に通っていたのが冬だったので、上着で何とか隠すことができて、ずっとつけて動いていました。

お手洗いの時に外したり付けたりしなくてはいけないのが面倒でしたが、付けていた方が快適に過ごすことができました。

ただ、劇的な効果ではなかったです。時々、湿布を貼ったりマッサージにも通ったりしながら使用していました。

コルセットに頼りすぎるのは厳禁です

コルセットは確かに腰痛を和らげるのに効果的です。

現在、ひどい腰痛に悩まされているのなら、そんなに高いものでもありませんし、試してみることをおすすめします。

しかし、コルセットの役割はあくまでサポート。腰痛が解消されるわけではありません。悪い言い方をすれば、一時しのぎです。

それにコルセットには

  • 長期間つけていると筋肉が衰える
  • 腰周りの血流が悪くなり、疲労物質がたまりやすくなる
  • 内蔵機能の低下

といった問題点も指摘されています。

ぎっくり腰などの一時的な腰痛や介護など肉体労働時の腰痛予防でつける分にはいいでしょう。しかし、ずっとつけるというのは考え物です。

そもそも、腰痛を発症したということは、姿勢の悪さや筋力不足といった問題点が明らかになったということ。根本的な問題を解決しない限り、腰痛から解放されることはないといっていいでしょう。

今回、話を聞いた人達の中にも、腰痛発症をきっかけに姿勢を矯正したり、筋力をつけたりといった対策を始めた人がいます。

あなたもこの機会に普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

何をやっても腰痛が改善しない理由とは?

ただ、中にはどれだけ生活習慣を改善しても、腰痛が良くならない人もいます。

もしかしたらあなたもその一人かもしれませんね。鍼灸やマッサージ、体操と色々試したけど効果がなかった。そんな状況ではないでしょうか?

そういう場合、もしかしたら骨格や骨盤のゆがみによって腰痛が引き起こされているのかもしれません。

体のバランスが悪いと、変な部分に体重がかかり、神経や筋肉を圧迫してしまいます。

その結果、色々な不調につながるものですが、あなたの場合は腰痛という形で出ているのかもしれません。

もしもあなたの体がゆがんでいるなら、薬やマッサージでごまかしたところで、効果は一時的。ゆがみを取り除かない限り、ずっと痛みに悩まされることになります。

腕のいい整体師に整えてもらい、痛みから解放されましょう。実際、整体に行くことで、腰が楽になった人は結構います。

施術を受けたあとはとても楽になり気分も軽くなりました

私は数年前、腰痛に悩んでいました。

これといったきっかけはなく最初は痛みも軽かったのですが、痛い部分をかばうような姿勢になって更に悪化していったんだと思います。段々と日常生活の中でも気になるシーンが増えていったので、何か対処をしなくてはと思うようになりました。

その後、友人との会話の中で腰痛で悩んでいる話をしたら、整体に勤めている知人を紹介してくれたんです。そして、初めての整体に行くことになりました。

その整体ではカウンセリングにしっかり時間を割いてくれ、骨がどんなふうに歪んでいて痛みが出ているのか、などを分かりやすく説明してくれました。骨の模型もあって分かりやすい点も良かったです。

もちろん、肝心の技術も満足できるもので、施術を受けたあとはとても楽になり気分も軽くなりました。

この整体に通っていて感じたことは、カウンセリングの重要性です。やはりしっかり説明してくれると安心できるし、きちんと体の状態を把握してくれているという信頼感があります。

これから整体に通おうと思っている人には、カウンセリングへの力の入れ具合にも注目してほしいなと思います。

整体後は身体が軽くなるのを実感

私は立ち仕事をしていた為に腰への負担が辛くて整体に通っていました。

当時は25歳でこんな若い自分でも整体に行っても大丈夫かなと思ったけど、待合室ですれ違う方は若い方も多く安心して通っていました。

いざ、施術に入ると、自分で意識していたところ以外にも歪みを発見して頂き、気になる腰痛と合わせて治療を進めてもらいました。

初めて整体を受けた時は痛みが怖かったけど、整体師さんの気遣いと技術により自分の身体をケアして頂きました。

私の場合、立ち仕事という事で、腰だけでなく太ももやふくらはぎも触れて頂き、整体後は身体が軽くなるのを実感する事ができました。

これまでに、引越しなどにより計3カ所の整体に通った事があるのですが、取り扱っているメニューや施術コースも様々。整体と言うと病院みたいなイメージだったけどマッサージの様に通える整体も増えているなと思います。

そして整体師さんのアドバイスにより、身体が疲れやすい時は定期的に整体に通い、身体のケアをする様に心がけています。

このように整体に行くことで腰の辛さが楽になるケースは少なくありません。整体という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

とはいえ、腕のいい整体師を見つけるのは大変です。

医者の場合、医師免許が必要ですから、たとえヤブでも最低限の知識と技術は持っています。しかし、整体には国家資格がないので、腕前の最低ラインすら保証されていません。

過去には首の調整をした結果、頚椎を損傷。整体院から病院へ直行した事件すらあります。

変なところに行けば、腰が楽になるどころか悪化させてしまうかもしれません。

それに、整体院はなかなか入りづらいですよね。

腕のいい整体師を紹介してもらえるのならいいのですが、そうでないのなら整体チェーンのカラダファクトリーに行くというのも一つの手です。

教育プログラムがあるので、一定の水準は確保されているし、開放的な雰囲気で入りやすい店づくりになっています。

定期的にキャンペーンをやっているので、公式サイトをのぞいてみるといいでしょう。

 - 腰痛